FC2ブログ
『muzie 2006/9/6』

また日付変わってもうた。。。たらこx3とか買いに行ったりしてたからね (^_^;

しかし今日も外からヘタクソな歌声が聞こえてくるよ。。。('A`)

2006/9/6: 新曲で気になったアーティスト (敬称略)

  • 長坂憲道 : 「影響を受けたアーティスト」に coba を入れていないのはワザとなのか?
  • muneta chainsaw : いまどきロリコン漫画のみならず、音楽にまで「ヘタウマ」という概念が存在するのね (^_^; 。かなり好きw
  • SEED : やめちゃうの?
  • エピメロッ : だから楽h(ry
  • 服部菜穂子 : っぽいね。もちろん、っぽいだけで終わっちゃいけないんだけどね。でもかなりいい感じ。
  • 四葉 かげろう : いい感じじゃん。とてもピアノを弾けない人が Compose したとは思えない仕上がりだよ。
  • hidekatsu/中山英克 : この人の「自己紹介」を読んでいると、「趣味」って言葉の意味について考えて込んでしまうな。。。
  • The Funderfuls : オサレだね。これなら買ってもいいと思うし、カラオケ入ったら歌ってみたいとも思うよ。何よりこういう音源をこういう場所で公開してくれるのがうれしいw
  • ヒゲドライバー : 許せ、趣味だ。w
  • AHOUKAZE : ジャパニーズロックは死なず。
  • aSYa : こういう Ambient ならだいかんげいなのでありますっ
  • PAMPAS FIELD ASS KICKERS : なんだかいろんなものを融合してます。そのくせ安心して聴けるクオリティー。かなり好き。

惜しいなぁ。

  • 角田 紘之(アルトコウ) : 演奏も歌も悪く無いんだけど、なんかつまらないっつーか薄っぺらいんだよなぁ。。。歌い方にかっこつけすぎなんちゃうんかなぁ。
  • Hachirockun : DTM パートにも歌わせてあげてください。。。ってのはちと厳しすぎるかなぁ。ギター専門の人みたいだし。

「音楽」という言葉の解釈について

あまりにもいろんな人がいろんなことを言ってくれるもので正直困ってしまうのですが、例えば「魂の伝わらない曲なんて音楽じゃねえ」とか、「音楽は魂(ソウル)だ」とか、まぁそのくらい中傷的抽象的な言い方ならまだ許せるのですが、「主張するものが無いなら音楽やる意味なんて無い」みたいな物言いというのはさすがに承服ならないワケですな。そういうことをいう彼らの話をじっくりと聞いてみると、なんてことは無い、彼らが音楽という言葉に求めているのは、音そのものの響きや音楽的な面白さなんぞでは全然なく、歌詞であるとか、歌い手の表情 (つーか顔のこわばり方?) であるとか、歌い手が「がなる」ときの声の裏返り方であるとか、そういう部分を見ている場合がほとんどだったりするわけですな。で、歌詞の内容で共感して「この歌はすげーぜ、コレこそ音楽だぜ」とか言っちゃうの。

いやね、たとえばフォークソングファンやパンクファン、エモファン、HipHop/Rap ファン辺りが言っている分にはまぁ可愛いと思うのですよ。別に、そういう作品の楽しみ方はあってもいいと思う。

でもね、フォークやるにせよパンクやるにせよエモやるにせよラップやるにせよ、「音楽を制作する」立場に立つ以上、「音楽」という概念をもっと正確に捉えるべきなんじゃねーの? それが作り手の最低限のモラルなんじゃねーの? とか激しく思ってしまうわけです。そりゃあ、結果として出来上がった「作品」が面白いものであればなあんも問題は無いわけですが、せめて「作品」と「音楽」の切り分けぐらいはてめぇの頭の中で決着付けておいてくれよとか思ってしまうのです。

同じロックをやるにしても、主義・主張を歌詞に載せてアピールしまくることにばかり先行して音楽的な部分をないがしろにしているバンドと、それぞれのパートで演奏する各人が各々の音に対して徹底的に研究し、音楽そのものをしっかり直視できているバンドとでは、完成度の差は歴然なのです。そして、そうやって、「音楽」という表現手法を用いて伝えようとする主義・主張に対して、一歩引いた目線と余裕を持つことができるからこそ、結果として聴き手にとっては「魂がこもっている」と解釈されやすい、すなわち作品としても完成度の高いものが出来上がってくるんではないかと思うわけですよ。

酷い場合になると、VJ 付きの作品や PV、ライブなどを観た人が、「やっぱりビジュアルも音楽においては重要な要素のひとつですよね」とか言っちゃうケースがあったりする。だからそれは「音楽」じゃなくて「作品」なんだってば。確かに最終的に「作品」として完成度の高いものを作るっていう考え方は重要、もうホント、とっても重要ですよ、確かに。でもね、だからといってそんな部分まで含めて「音楽」と言ってしまって良いワケではない。少なくとも作り手になる人はね。ビジュアルが用意されるならば、そのビジュアルに対して、音楽をどう融合できるのかを考えられなければならない。あるいは先に音楽があるのならば、その音楽がどういうビジュアルを描いたものであるかを説明できなければならない。混同していい問題では絶対、有り得ないのだ。

スポンサーサイト



【2006/09/07 01:34】 muzie | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<muzie 2006/9/7 | ホーム | muzie 2006/9/5>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://harapekofarm.blog59.fc2.com/tb.php/25-fccdfcd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |